機械学習の一部を体験できるイベント

最近ぽつぽつと1人寂しく機械学習(ディープラーニング)の勉強をしています。

機械学習とは、AI(人工知能)の分野で、AIに判断させたり予測させる元のデータを学習させることです。ディープラーニングとは、その機械学習のひとつで、人間の思考方法を元にした反復学習方法です。ディープラーニングが進歩したことで、AIの開発が飛躍的に伸びることになりました。

有名なAIで思いつくのは下かなあ。どれもwikipediaへ飛びます。

AlphaGo (Googleの囲碁AI)

watoson (IBMの意思決定システム)

da Vinci(ダ・ヴィンチ)(手術用ロボット)

自分はpythonでテストデータ数万件を学習して、100%に近づけるところまで来たのですが、当然だけど先を見ると自分が理解したいところまではまだまだ先です・・・ていうかたどり着くのかな。私がやりたいのは、ささやかな事なのですが。

たまに、モチベーション維持のためにもくもく会に参加しています。今回のもくもく会では、もくもく勉強会とボランティアという名で、余裕があったら「アノテーション手伝ってくれるとうれしい」的な事が書いてありました。アノテーションとは、機械学習をさせるにあたってデータを覚えさせるデータセットの作業で、今回自分もはじめて体験してきました。

内容は画像の森の動物を覚えさせる作業ですが、画像の数が多い~。

でも、作業中に主催の安達さんが、いろいろとおもしろい話をしてくれて勉強になりました。

実は以前、震災ボランティアで知り合ったSEの知人が、「後輩がディープラーニングを使用したサービスやってるけど(有名なサービスでした)、最初の覚えさせる作業が大変で、結局AIっていっても初めは人間がやるので大変だそうだよ」と言っていたのですが、今回の経験で心から納得しました。

今回のイベントのMTGフォレスト株式会社の方は、とても気さくな方ばかりで楽しかったのと、機械学習の認識についていろいろ教えていただいて一端が理解できました。

プログラムを全く知らない方でもできますし、月1くらいで開催されているそうなので、機械学習に関わって体験してみたい方はぜひご参加下さい。

楽しかったので、私もまた行ってみようと思います。

Pythonのもくもく会とボランティア#4

MTGフォレスト株式会社

connpassの方は、登録していないと見えないかも知れません。ログインしてみてください。