Google検索に好かれるための対策

Google

WEB運営者にとっては、このところ頻繁に変わるGoogleアルゴリズムですが、とりあえず自分的にはAnalyticsのデータが吹っ飛ぶのか心配していたのが保持されていてヤレヤレです。あとは、webサイトを制作させていただいたお客様のうち、昨年ご対応してSSL化していない方へ向けてGoogleの変更をご連絡しました。

必要に駆られてGoogleドキュメントを読むことが多いですが、日本語になってなかったり、書く人の頭がよすぎて一般人にはわからないんじゃないの的な意味不明なGoogle単語の羅列だったりして、モバイルファースト変更告知されたときには、空いた時間にコツコツ読んでも関連ドキュメントの見直し含めて1週間くらいかかりました。AMPはfirebase使ってねとか書かれてたけどやっていません。

個人的には、SEOというのは、基本を行った前提で「運と幸運×幸運の賜物」な印象で、それは本当に存在するの?って考えでした。今でもあまり変わっていません。

SEOでどんなに集客しても、最後に問い合わせや契約につながらなければ、お客様は見るだけで帰られてしまうし、そのためにはコンテンツの見直しも必要だし、自分が聞いた範囲では継続してWEBを入口にしてラストにクローズを出すって、意識して行うとむつかしそうだと思います。

でも、Googleに好かれる努力は必要と思います。Googleのドキュメントでは、優先的に検索ボットにインデックス(登録)される基準が明確に記載されていますので、「検索でスマートに表示されたいなら、この基準は最低守ってね」ということですよね。

美女に貢ぐ男性のようですが、ここはひとつ、すべてGoogleのガイドラインに準じてサイトを構成してみようじゃないかと思います。

少しfacebookで呟いたら、賛同してくださる方がいたので、ためしに単発で1回勉強会をやってみようかと思います。個人的には時々読んで、ぽちぽちできるとこはやってるのですが、googleってば、メディアにはすべてalt属性入れろとか無茶を言うので、自分のサイトでは見ないふりをしていました。3000枚以上の画像にいまさらalt属性を全部つけろとかムリ!と思ってました。

でも、先日レンサバの更新忘れで修正した記事500件くらいがバックアップ前にふっとんだので、この機会にゆるく見直してみようと思います。
全部は無理でも、ドキュメントのサイト品質やSEO最適化などの1ジャンルや2ジャンルはクリアできるでしょう。(と思います)

勉強会に興味ある方はご連絡ください。場所は今の事務所をイベントとして借りることになるので、会費は有料になると思います。

ドキュメントを読んでサイトをそれぞれ再構築してく、または制作する形になると思うので、最低限、現時点でGoogleAnalitycs・SearchConsole・タグマネージャーの知識(関係とか働き)と実装と設定経験は必要です。

最初は基本のWEBサイト品質の基準に沿って、SearchConsoleになると思うので、構造化データやインデックスのしくみ、サイトマップ、AMPについて単語の確認は飛ばします。そこの基礎知識から確認していたら、前へすすめないことになってしまいます・・・。

イベントの予定が固まったらご連絡しますので、ご興味がある方はご一報くださいませ。

投稿者プロフィール

水野
水野
パソコンインストラクター、修理、トラブル対応
グラフィックデザイン、映像制作などをやっています。
読書好き。